ゼロクーポン米国債の購入と注意点

米国債を購入しようとした時、

  • 利払いのある債券
  • 利払いがなく、利率ゼロ%の債券(ストリップス債)

の2種類を見たことってありませんか?

このうち、後者の利払いがない債券のことを「ゼロクーポン債(Zero-coupon bond)」、または「割引債(わりびきさい)」などと呼びます。

利払いがないのに、どうやって利益がでるの?債券って利子をもらってなんぼでしょ??

本記事では、あなたのその疑問にお答えします!

ゼロクーポン債(Zero-coupon bond)とは

利払いがなく、価格が割り引かれた債券のこと

ゼロクーポン債とは利子・利金(クーポン)が付かない債券のことです。言い換えれば、定期的な利払いはありません。

その代わり、販売価格を大幅に割引いていることから「割引債」と呼ぶ場合もあります。

基本的に残存期間(デュレーション)が長い債券ほど、割引価格も大きくなります(= 償還時の儲けも大きい)。

ゼロクーポン債でどうやって儲けるの?

  • 満期まで保有して、償還金と利益を得る
  • 途中で売買し、売却益を得る

満期まで保有して償還金と利益を得る

ゼロクーポン債は満期まで保有すると、「購入に要した価格 + 割り引かれた部分」が償還金として戻ります。「債券がデフォルトしない限りは儲かる」ので、手堅く利益を得たいならば、満期まで保有しましょう。

途中で売買し、売却益を得る

ゼロクーポン債は満期まで待たずに売却できます。株式同様、購入時よりも値上がりしていたら利益が出る、というわけですね。

ゼロクーポン債には直接的な手数料がかからない代わりに、購入価格にスプレッドが課されています。そのため、短期トレードには向いていません。

ゼロクーポン債の購入方法

買い方は通常の米国債と同じです。

  1. 米国債を取り扱う証券会社に口座開設
  2. お金を入金
  3. 販売している米国債を購入
米国債の買い方・購入方法。個人でも買える!
外貨建ての債券投資で最もメジャーな商品が米国債(アメリカ国債)です。 利回りは約1~3%と、日本債券に比べると高い利回りが魅力です。 米国債投資を始めるには、それを扱う証券会社に口座開設を行います。 米国債を扱う証券会社に口...

ゼロクーポン債の購入手数料や口座維持費などは?

ゼロクーポン債の購入手数料や売却手数料、維持費などはすべて無料です。

米国債の運用損益にかかる「為替」と「金利」

円とドルの為替相場

為替は米国債の運用損益に大きな影響を与えます。ゼロクーポン債購入時よりも円安に進むとより儲かります

  • 円高ドル安時:償還時の戻ってくるお金も少なくなりますが、米国債を安く購入できます
  • 円安ドル高時:米国債の購入費用が高くつくものの、償還時に戻ってくるお金も多くなります

債券の金利(中途換金時)

米国債の中途換金は市場価格で売却します。米国債の売却価格は売却時点の市場金利次第で、金利が上昇した場合には、中途換金時の債券価格は下落しますので、元本割れの可能性があります。

満期まで保有すれば、表示どおりの利回りを享受できます

運用で得た利益に発生する税金

運用で得た利益には、利益に対して20.315%の税金(所得税 + 住民税 + 復興特別税(2038年まで))が発生します。

債券の税金 外国債券 | 学ぶ・セミナー | 大和証券
大和証券の債券の税金 外国債券のページ。学ぶ・セミナーの情報をご紹介します。

「源泉徴収あり」の特定口座で運用すれば、自動で納税されますので簡単です。

  • 特定口座・源泉徴収あり:償還時・中途換金時に証券口座から自動で納税
  • 特定口座・源泉徴収なし:確定申告が必要
  • 一般口座:確定申告が必要

ゼロクーポン債の投資に向いている人・向いていない人

向いている人

  • より高い投資効率を得たい人(複利運用でもっとお金を増やしたい人)
  • 償還(満期)まで「ほったらかし」て運用できる人(投資に手間をかけたくない人)

若いサラリーマンのように、今後も安定収入が見込める人に、ゼロクーポン債は向いています。価格チェックなどのメンテナンスも不要で、投資に手間をかけずに安定的に運用したい人に向いています。

向いていない人

  • 途中で利払いが欲しい人(利金を生活費やお小遣いにしたい人)
  • すぐに解約して、別の資産に投資した人

ゼロクーポン債は途中で利払いが欲しい投資家には向いていません。利金を生活費や小遣いに使いたければ、年2回の利払いが行なわれる利付債を購入してください

米国債の買い方・購入方法。個人でも買える!
外貨建ての債券投資で最もメジャーな商品が米国債(アメリカ国債)です。 利回りは約1~3%と、日本債券に比べると高い利回りが魅力です。 米国債投資を始めるには、それを扱う証券会社に口座開設を行います。 米国債を扱う証券会社に口...

まとめ

  • 利払いがない代わりに価格が割り引かれて販売されている米国債をゼロクーポン債と呼ぶ
  • 利払いがないので、利金(クーポン)を生活費やお小遣いに使うことはできない。給与収入が安定した投資家に向いている
  • 途中で換金する場合には金利に注意。債券は金利次第で価格が変わるので、金利が上がっていると元本割れもある

SBI証券や楽天証券のようなネット証券ならば、額面100ドル単位で米国債を取引できます。一方、米国債を本格的に運用したいなら、取り扱い種類の多いSMBC日興証券が便利です。

ぜひチェックしてみてください!